在宅ホスピスの研究と普及を目指す
  • HOME »
  • 多職種で支える

多職種で支える

在宅ホスピスを支える多職種

私たちのサービスを支えるのは、看護職・介護職・リハビリ職といった多職種の仲間です。それぞれの職種の担う役割や、大切にしていることについて紹介します。

私たちの在宅ホスピスサービスを利用してくださる方の多くは、がん末期の患者さんや難病の患者さんなど、医療的ケアを必要とする方です。また要介護度の高い方も多く、日常生活における様々なサポートも欠かせません。さらに終末期では、身体的な苦痛をはじめとした様々な苦痛を和らげ、最後までその方らしく暮らしていただくための緩和ケアが必要とされます。
これらのケアを、看護職、介護職、リハビリ職、調理師、事務が連携しながら行っています。

看護職

終末期においては、病状の急変など予測できないことが起こる場合も多いため、看護職の適切な判断と行動が非常に重要です。施設内の他職種はもちろん、在宅医や医療機関とも連携して、最後まで「おうち」で安心して暮らせるようなケアを提供しています。
当グループでは、緩和ケアや訪問看護の経験がある看護職だけでなく、急性期病院で経験を積んできた看護職や、認定看護職・専門看護職など、様々なバックグラウンドを持った看護職が活躍しています。

介護職

ケアマネジャーのケアプランに沿って、食事や排泄、入浴など、日常生活の様々な行為をサポートする介護職は、在宅ホスピスを支える職種のなかでも利用者の方との距離が近い存在といえます。訪問する回数も多いため、利用者の方の率直な思いを聴く機会も多いです。
当グループのスタッフは、仕事としてケアを行うだけでなく、本人やご家族との会話を楽しみ、その会話のなかから、その方らしく過ごしていただくためにはどうしたらいいかを自然に考えて働いています。こうした姿勢が、最後までその方らしい暮らしを実現することを支えています。

リハビリ職

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が、ケアマネジャーのケアプランに沿って、支援を行っています。例えば、食事や排泄など日常生活を行う上で必要な動作のリハビリや、嚥下リハビリ、拘縮予防、疼痛軽減のためのマッサージなどを行っています。
また、難病の方に対するリハビリも行っています。神経難病の多くは進行性で、身体機能が徐々に低下していきますが、そのなかでも療養生活を快適に過ごしていただくために、呼吸に関するケアを行ったり、適切な栄養摂取方法を提案したり、コミュニケーション方法を提案・訓練したりするなど、専門性を活かした働きかけをしています。

PAGETOP
Copyright© Kairos & Company Inc. All rights reserved.